MATSUGAOKA CRAFT PARK

HISTORY

歴史のポイント

刀を鍬に。「鶴岡のシルク産業」発祥の地

明治維新の変革期に戊辰戦争で敗れた旧庄内藩士たち約3,000 人が、新たな産業を興し賊軍の汚名をそそぐべく「刀を鍬に」替えて開墾し広大な桑畑を拓き、国内最大の蚕室群を建設しました。
これが鶴岡のシルク産業の原点です。

鶴岡の近代化に貢献

松ヶ岡の開墾を発祥とする絹産業の発展は、絹関連産業だけでなく鉄工業、電力・ガス、金融、教育など多分野に影響し、鶴岡市の近代化の礎を築きました。

国の史跡に指定

蚕室、本陣などの建造物が、建設された明治初期の姿で残されている松ヶ岡開墾場は、その歴史と現状を踏まえて、平成元年(1989)に国指定史跡に認定されました。平成29年に認定された、日本遺産「サムライゆかりのシルク 日本近代化の原風景に出会うまち鶴岡へ」でも、構成文化財のひとつとして、その歴史的・文化的価値が高く評価されています。

歴史を学ぶ

歴史を学ぶ

松ヶ岡開墾記念館

松ヶ岡の歴史・養蚕を知る

1F:松ヶ岡の開墾・養蚕史料展示
2F 全国土人形・土鈴コレクション

場所
一番蚕室
営業時間
9:00~16:00
入館料
一般300円(中学生以下無料)
団体250円 ※20名以上
休館日
⽔曜⽇(祝⽇の場合は翌平⽇)
※お正⽉を除く
TEL
0235-62-3985

明治維新以降、武士たちが刀を鍬に持ち替え、農地を開拓していった歴史を伝える施設です。明治8年創建の旧蚕室を記念館として公開しています。

松ヶ岡本陣

松ヶ岡本陣

開墾事業の本部「旧庄内藩主酒井家のゆかりの館」

営業時間
10:00~15:00
開館日
4 月中旬~11 月中旬
※不定休
 予めお電話にてご確認ください。
入館料
100 円(中学生以下無料)
TEL
0235-64-1331(松ヶ岡産業)
松ヶ岡本陣

茅葺き、檜造り平屋建てで、松ヶ岡開墾事業の本部(管理事務所)となった建物です。現在松ヶ岡開墾場が運営しており、施設内の見学や貸切利用も可能です。

団体見学

遠足や社会科見学や観光ツアーなど、団体見学も可能です。ぜひご相談ください。

  • 大型駐車場
  • トイレ
  • WIFI
  • 昼食用お弁当予約
arrow